未分類

[ 2014年12月14日 ] 深刻な建設業界の人手不足・・・。

 yjimage[2] 先日、テレビのニュース番組で、「今、建設業界は「公共工事」に人手がとられ、その分、資材も高騰しており、中小企業においては、マンションの建設等に支障が出てきている状況です。」とマンション業者の方が話しておられました。東日本大震災の復興事業や公共投資拡大を背景に建設業の人手不足感が強まっている様です。 

以前にも述べましたが、「就業者確保」のネックは、やはり賃金と労働福祉の充実にあると思います。経営事項審査、新規許可申請・更新手続等においては、社会保険等の加入は必須となってきていますので、徐々に整備されてきていると感じています。

しかし建設業界の就業者構成比が高齢者に偏る中、受注の確保に力を入れるのはもちろんのこと、若年労働者の雇用、育成については、やはり喫緊の課題として、それぞれのお会社に於いて、可能な限り前向きにお考えいただくことができれば・・と思います。 

どんな業界においても、若者が確固たる目標をもって働き、技術を修得し、研鑽を積んでいくことができればその会社の将来、そして日本の未来はとても明るいものになると思います。頑張りましょう!!

                                                               新浜 惠子

 

2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事